アーバンスター・ホームズ

コミュニティ総合計画プロジェクト

コミュニティ総合計画プロジェクト

UrbanStarのビジョンは、カルガリー市外にも及びます。自然環境とのバランスを保ちながら、個性的な住宅、商業施設、教育施設、レクリエーションなどを備えた特別なコミュニティを創造することを目標としています。

 

グレンデール・マウンテンビュー・デベロップメント・リミテッド

アーバンスター・グレンデール・マウンテンビュー・コンセプトプラン

アーバンスター・グレンデール・マウンテンビューは、社会的、経済的、環境的に持続可能なコミュニティとして、グレンデール~ベアーズパウ地区に674エーカーの土地を提供しています。カルガリーのダウンタウンから約25分、コクランに隣接するグレンデール~ベアーズパウ地区は、自然環境に配慮したアメニティの充実したコミュニティです。1,352戸の一戸建て、セミデタッチドハウス、タウンハウスに加え、約 9,755 ㎡(10万5千平方フィート)の趣のある商業施設、指定された学校区、便利な交通機関などがあります。

2017年12月、「アーバンスター・グレンデール・マウンテンビュー・コンセプトプラン」が評価対象として認められ、ロッキービュー郡のコンセプト・スキーム案リストに掲載されました。コンセプトプランに関しては、UrbanStar Glendale Mountain View Concept Planからご覧いただけます。またプロジェクトの現在の状況やフェーズについては、http://www.usglendalemountainview.comをご覧ください。

ホースクリーク・デベロップメント及びフェーズ2

敷地は、西はホースクリーク・ロード、北はタウンシップ・ロード270、東はレンジロード44 に囲まれています。地域的に見ても、アーバンスター・ホースクリーク開発地は、コクランとロッキー山脈の間に位置し、都市と自然の両方に近接していることを望む人には最適な場所です。

ホースクリーク・プロジェクトは、コクラン・レイクのハムレットで承認された開発の西側に位置しています。さらに、アーバンスター社は、コクランノース・エリアストラクチャープラン (ASP) 内に、ハイウェイ22号線の東側に位置する160エーカーの土地を追加取得しており、住宅地や商業地としての利用が期待され、この地域に成長、雇用、開発をもたらすために、この回廊に位置しています。

アーバンスター社は、コクランノースASP 内の440エーカーを管理・所有することになり、この地域では最大の土地所有者となります。

詳細(英文)

 

見込みのある949ユニットへの区間コンセプトの再指定

現行のASPの方針に基づくこれまでに作成された区画コンセプトでは、280エーカーの土地に、同様の大きさとスケールを持つ313区画となっていました。

再指定された用地計画には多様性があり、同じ280エーカーの土地に、広範にわたる住宅の種類と区画サイズからなる合計949戸で構成されています。これは総UPA(1エーカーに対するユニット数)3.3となり、はるかに効率的な土地利用を実現し、これまでの設計とまったく同じフットプリントを利用します。区画や住宅の種類は多岐に及ぶことから、豊富な選択肢があり、幅広い価格帯を用意しています。これにより、時間がたっても市場で高く吸収されす。

アーバンスター開発チームの企画努力の結果、新コンセプトの計画は、当初のコンセプトに比べて正味636戸の追加となりました。

 

正味の差

当初のコンセプトプラン    313 ユニット

再指定されたコンセプトプラン 949 ユニット

正味の差           636 ユニット +